あらい採用サイト

経営のこと environment

 あらいでは、私と人生を歩む仲間が苦楽を共にし、一丸となって厳しい未来に挑戦し、目の前の最も難しい問題を解決する。その中、仲間の精神的、物質的な安定や豊かさを求めていくことでより一層の幸せを実現し、その幸せが内側からにじみ出るようにして、更に企業としての存在意義を高める。そうして、社会から必要とされる我々にしかできないサービスを提供し、関わる人(仲間・お客様・企業・社会)に感動して貰い、多くの税金を納める等を通じて、社会に貢献できる経営を目指していかなければならない。

近き人が喜ぶ経営(根本)

 近き人が喜ぶ経営とは、まず会社に一番近い人である仲間、次にお客様から喜ばれる経営である。こう述べると甘い経営者を思わせるが、実現しようとするとこれほど厳しいものはない。まず、近い人を喜ばせるための第一の条件は人と企業の持続的な成長である。次に、仲間の喜びを優先するものとしては地位・名誉・利益がある。そのために、まず仲間の〝周りをより良くするために尽くす苦労〟が必要不可欠である。仲間が喜ぶとしても、能力、功績のない人に名誉・利益は与えられない。仲間としても共に喜ぶためには相応の厳しさを覚悟する必要がある。また周りをより良くするために尽くす苦労をしない人には静かに去ってもらうという、冷酷さを持つ経営者でなければならない。

 これこそ企業に対する忠誠と言える。つまり、賞罰を公平に巧みに行う必要がある。しかし、これだけでは人を抑圧する懸念もある。だから、思いやりの心・慈しむ心・敬う・慎む(謙虚・謙遜)良心を偽らない誠実な心を以って人を活かさなければならない。

 組織内の人々をやる気十分にするには格別の技術は必要としない。経営する人の心一つにある、といっても過言ではない。ここでの心とは、いかにして「近き人を喜ばすか」の誠実な真心と言えるだろう。

 この「近き人が喜ぶ経営」を根本理念とし、経営の拠り所、進むべき方向性、更には目的を定めておくことは企業発展の近道である。

 全てはここから経営理念、経営指針、行動理念、行動指針へと発展している。私を含め仲間はこれを信条・基本として励み、遵守(じゅんしゅ)に努めるものとする。

責任を果たさなければいけない優先順位

1.仲間に対する責任の優先順位

 会社経営にとって最も近い人は仲間である。その仲間の満足を以ってお客様のサービス品質を上げる。

  • 会社の安泰と持続的な成長(仲間の喜びの全ては会社の安泰と持続的な成長から生まれるからである)
  • 仲間に十分に配慮し、大きな期待をかけ、逆境を乗り越え人格を形成できる環境を創る(積極的に投資をする)
  • 仲間の精神的な幸せと、物質的な幸せを実現する
  • 惜しまずあらいの人間力を高める人には地位や名誉のある待遇を設ける
  • 惜しまずあらいの人間力を高める人には経営の自由や権限を与える

2.お客様に対する責任の優先順位

 あらいと取引して本当に良かったと思って頂けるようにお客様を思いやる、親身になる、お客様の立場になって利便性を追求することで、我々にしかできないサービスを提供し何度も買って頂ける・感動して(もら)える存在を目指す。

  • 豊富な知識と経験を基に、正確さ・スピード感を持って、気持ちの良い(明るく元気、親切、丁寧)対応を心掛ける
  • 増改築・リフォームにまつわるあらゆるメーカーを取り扱い、仕入れ先との連携を図る
  • 「現場に役立つ1万8千点の在庫」をこれからも拡充する
  • 自社開発システムとSEO対策を駆使したネット通販で、認知度を上げる
  • 自社開発の「業務まるごと管理システム」で、業務効率化を図り、リソースを確保し、それを必要な所に充てる

3.取引先に対する責任の優先順位

  • 安心して取引ができる
  • 市場をリードするビジネスパートナーとして連携する
  • 値段以外でも繋がり合えるパートナーである
  • 共に成長できる関係をつくる
  • 仕入先が困っていたら助ける

4.地域社会に対する責任の優先順位

  • 社会に役立つ(目の前の最も難しい問題を解決できる)人を育てる
  • 税金を納める

5.株主に対する責任の優先順位

  • 企業理念の実現

経営理念:人と企業の持続的な成長

 大樹は地に大きな根を張り、暑い時・寒い時、雨・風、日の光を浴びて輝いている時、日が沈んで静かになっている時など、どんな時も環境に合わせて年輪を重ね、ちょっとやそっとのことではびくともしなくなり、そうして圧倒的な存在感を放つ。

 株式会社あらいもこの大樹のように、どんな時も自分達の力に応じた持続的な成長をすることで、何百年も続く企業に育っていく。そうして、共に歩んでいく仲間一人ひとりが他者に誇れる仕事に情熱を燃やし、年々良くなってきたと思えるようにしていく。

※「経営理念」とは「使命感=誰のために何をするのか・将来の構想=どうなりたいか・価値観=何が大切か」になる。

経営指針 :仲間を幸せにすると共に、我々にしかできないことで社会貢献する

 あらいは創業以来、周りをより良くするために厳しい未来に挑戦し、私を含め、共に人生を歩む仲間が一丸となって持っている力を最大限に発揮することで、目の前の最も難しい問題を解決(高い目標を達成)してきた。そうして「創意工夫して収益を〝高める〟」「生み出した利益を〝蓄える〟」「事業を進化させるために〝投資する〟」を繰り返し、1万点を超えるまで在庫を増やし、店頭販売するための社屋(本社事務所)を建設したことのような、物の力である「目に見えるもの」から、関わる人と喜びや信頼関係を構築するといった人の力である「目に見えないもの」を積み上げ、企業としての存在意義を高め(付加価値を生み出し、相乗効果を図り事業構造を進化させ)、お客様から何度も買って頂ける我々にしかできないサービスを強化し続けてきた。そうしていく中で、私を含め仲間が自分達の人生を本当に良かったと思えるようにしていくために、3つの幸せを実現していくことを強く意識するようになっていった。

 1つ目は仲間一人ひとりが、経営理念・哲学を共有し、共鳴して貰い、志を掲げ、厳しい未来に挑戦する中で、目の前の最も難しい問題を解決しようと自分を磨き、気力・情熱を高め、問題を解決する。そうして関わる人に喜んで貰い、信頼を築くことを自身の喜びとして、志を強固にしていく(人として根本から強くなる)。そのような自己実現を果たすことで、ワクワク生き生きと楽しむことを実現することである。

 2つ目は「誇り高い(周りをより良くする立派な)仕事をして人生を切り開いていこう」としている両親の姿を見て家族が成長できる家庭を築き、その子供達を自分達以上に沢山の人に貢献できるような人に育てていくことである。

 仲間一人ひとりが家族に胸を張れるか、誇れる仕事をしているかは、その家族にとっても重要である。子供は親の背中を見て育つため、親から受ける影響は子供の人格形成にも大きく関わる。

 「誇り高い仕事をして人生を切り開いていこう」としていることに家族の方は大きい期待を掛け、支え、応援してほしい。家族からそうされることで自分を奮い立たせ、その期待を超え、必ず結果を出していかなければならない。それが家族の人生(将来)に良い影響を与えることと考え、意識し、自分達でそのような流れをつくることをしっかり理解しておくことが大切である。

 そのことと同じように、仲間の人生に自分達が良い影響を与える責任があることもしっかり理解し、仲間も自分達以上に沢山の人に貢献できるようにしていかなければならない。

 3つ目は企業として利益を上げ、会社が発展し続けることで、仲間の物質的、経済的な安定や豊かさを求めていくことでより一層の幸せを感じられるようにしていくことである。

 この3つの精神的、物質的な幸せを実現し、その幸せが内側からにじみ出るようにして、更に企業としての存在意義を高めることで、創造、発想力と共に、新たなステージを目の前に開くことで会社を発展させ、社会から必要とされる我々にしかできないサービスを提供する。そのサービスがお客様に選ばれ満足して頂けることは、我々にしか味わえない喜びであり「人生において大切な財産」になると考えている。そうして人と企業を育て、利益を上げ、多くの税金を納めるなどのことを通じて社会に貢献し、仲間一人ひとりが誇れる仕事ができる経営をしていかなければならない。

※「経営指針」は、経営の方針を包括するもので、会社が定めた目指す方向、何処に向かうのかを表したものである。

行動指針: 逆境である目の前の最も難しい問題を解決し続けることで、企業としての存在意義を高め、感動して貰える存在を目指す

 何ごとを成すにしても、成るか、成らないか、得か損か、勝つか負けるかの判断もなしに取り組む人はいない。必ず成る・必す勝つことを信じて挑戦するから、ことが成るのである。昔の兵法も、どう考えても勝ち目のない時は逃げてしまうのが最も良いと教えている。特に、人の上に立つ人が部下を率いてことに挑もうとする場合、必ず勝つという信念を強く持つことが必要である。強い信念は必ず部下・後輩に伝わり、それが〝士気を高める〟ことになる。

 従って、仲間一人ひとりが、現状をより本質的に捉え、これからどのようなことが待ち受けているのか、どのようになりたいのかをよく考え、「良心を偽らない誠実な心」「思いやりの心」「慈しむ心」をベースとして、こうあるべきだと強く思い、万人のいくべき正しい道である〝志を掲げる〟。その志を拠り所にして、〝逆境である目の前の最も難しい問題を解決する〟ために〝自分の力を最大に発揮する〟(先見し考え、深く学び、それらを踏まえて考え、実践し創意工夫する)ことで〝気力・情熱を生み、(あふ)れるようにする〟。精神・マインドが常に勝り、それがにじみ出るようにして問題を解決するためのスキルを高め、何としてでも解決するという願望から、一つの物ごとだけに心を向け一途に打ち込む「執念」、このままではいけないという「危機感」「責任」を持ち、「潜在意識」を発揮し、ひらめきを与えられるまで「忍耐強く頑張る」ことで、目の前の問題を解決する。

 そうして、関わる人(会社・仲間・お客様)に良い影響を与え、喜んで頂く・満足を得て貰う・潤うことは、良好な信頼関係を築くことになり、それらは物ごとが長く続き深掘りすることができるため、何をやっても上手くいく可能性を高められ、それが面白い(感動して貰える存在を目指す)ことに繋がる。その中で〝人を敬う・己を慎む・誠意を尽くす〟それは「この人のために」「この人の言うことなら」と相手の心を動かすことができる。お客様・仕入先で例えるならならば、共存、共栄をすること。仲間であれば良い方向に導き〝心の絆を結ぶ〟〝自分より優れた仲間を育てる〟ことができるようになる。

 あらいでは事業を行っており、企業のリソースはいくらでもあるわけではないため、経営者でなくても、またはそれを目指していなくても〝経営者意識〟(自分のテリトリーを広くして、質とスピードを高め、結果を出すことにこだわることを重要視し、仲間一人ひとりが、厳しい未来に挑戦・目の前の最も難しい問題を解決(高い目標を達成)し続け、お客様の利便性を追求し、誇り高い仕事にしていかなければならない。

 このように、周りを良くして自分達の力で人生を切り開いていく中で、人として根本から強くなる〝自分の限界を超え〟〝境地に達しようとすることで余裕を作る〟ことを自分の喜びと感じることができる立派な人に育つことで、未来を明るいものになるように人生の道を切り開くことが大切である。

 これらを〝あらいの人間力〟と定義し、志を掲げ、それを強固にしていくものとする。これは、人を動かす・育てる原動力になるため、人と企業の持続的な成長に最も必要なものと位置付けている。

 あらいの人間力を高めることに自分の時間を惜しまず使わなければならない。

※「行動指針」とは何かを行う際に、自分の進むべき道、取るべき態度を決めるための羅針盤となるものである。

あらいの人間力とは士気を高めるために必要な要素として

 1.志を掲げる

2.逆境である目の前の最も難しい問題を解決する

3.自分の力を最大に発揮する

4.気力・情熱を生み、(あふ)れるようにする

5.人を敬う・己を慎む・誠意を尽くす

6.心の絆を結ぶ

7.自分より優れた仲間を育てる

8.経営者意識を持つ

9.自分の限界を超えていく

10.境地に達することで余裕をつくる

が挙げられる。

民主的・善の独裁

 経営者の心得こころえとすべき原点は、「会社経営は難しい」「経営者が人の意見に、耳を貸さないと傲慢に陥り、悪い独裁になってしまい会社は滅亡する」ということを十分理解することである。
あらいでは、この言葉を座右ざゆうめいとして守り経営を行うものとする。しかし会社の理念・目標・戦略などは民主主義で決めてはならない。会社の意思決定を多数決で決めるなら、経営者の存在する意味はない。経営者が一人で決めるものであるから独裁である。ただし、人には誤解や思い違いというものがある。時には間違った考えもすることがあり得る。悪い独裁(他人の関与なしに公正を欠いた判断、自分のことだけを修めること)を防ぐためにも、事前に民主主義的な衆議が必要となる。衆議とは、意見、提案を聴くことである。
 将来どのような会社にしたいか、そのためにこれからどうあるべきか、多くの意見を求め、意見に耳を傾けるプロセスがあって、悪い独裁を防ぐことができる。悪を善と言い、白を黒と言い張るようでは困るが、道理にかなっているならあくまで貫き、違うのであれば頑として応じない。そのような民主的・善の独裁で最終判断を下していかなければならない。

原理原則

 原理原則は、基本的な決まり・規則である。「原理」と「原則」を重ねることでその意味を強調した言葉である。

『仏教』に「善因(ぜんいん)善果(ぜんか)」「悪因(あくいん)悪果(あっか)」という言葉がある。

 これは【良いことをすればそれが元となって必ず良い報いがある】【悪いことをすればそれが元となって、人に(わざわい)(喜ばしくない事柄)が起きる】という意味である。

 必ず何処(どこ)かで良い種も悪い種が蒔かれている。蒔くのは自分である。蒔いたら良かれ悪かれ芽が出る。良い種とは、周りをより良くする(志を掲げ、厳しい未来に挑戦する)行動からの素直、謙虚、感謝、努力などの行動や姿勢。また、楽しんだり、笑ったりという明るい表現。悪い種とは、自分本位な考えだけの行動からの、不平や不満、愚痴、嫉妬や怒り、怠惰、不正、暴力などの行動や姿勢、表現となる。

 これを踏まえて、悪い種を蒔くことは減らし、良い種を蒔くように心掛けていくことが肝心である。周りをより良くするよう立派な仕事をし、自分の人生を切り開いていくための種蒔きがされていてこそ成功する。あらゆる場面で原理原則を意識して守るようにしていかなければならない。

倫理観

「倫理観」は、人として守り行うべき道、善悪・正邪の判断において普遍的な規準や行動規範となるものの見方、考え方や捉え方のことである。類語には、「道徳観」や「モラル」などがある。倫理観と道徳観の違いは、「道徳観」は個人の価値観に依存する善悪の基準となる見方、考え方であるのに対し、「倫理観」は社会に対して使い、〝法律〝に近い考え方である。

 近江商人は江戸時代などで活躍した商人で、商売に革命を起こしたことで有名である。この近江商人が大切にしていた言葉が「三方よし」だ。三方よしとは「売り手よし、買い手よし、世間よし」のことである。通常の経営であれば、自社の経営だけを考え、市場でどう勝ち抜いていくかを考える。しかし三方よしの経営では、買い手にとっても良いものを提供し、そして社会貢献もできるものが良い商売と考える。それには、本当に相手にとって必要なものを提供することによって社会も良くなっていくような構造が必要である。買い手と世間の利益を大事にしつつも、売り手である自らも利益を得る「売り手よし」を達成する。そうした倫理観を大切にした経営をすることで、仲間一人ひとりの道徳観、商道徳・道徳意識を育てることに繋げていかなければならない。

・二宮金次郎 道徳を忘れた経営は罪悪である。しかし、経済を忘れた道徳は寝言である。
・渋沢栄一 『論語と算盤』で義(道徳)と利(経済)の合一が正しい利の追求であると説いた。

 また、人の道に背いて得た財産、地位は、まるで空に浮かんでいる雲のようなもので、すぐ飛び去ってしまうほど(むな)しいものである。これなどは、人として守るべき道を守り苦労をすることをせずによって財産、地位も得たもので、忘れる前に朝、降りている(つゆ)のように消え去るのが当然であると考えるのが正しい。

内面充実に努め、実質を伴わない外見だけの飾りを外す

 力のない人が、身辺を飾って、力がある振りをすることは、他から褒められるものではない。子犬も弱いからよく吠える。人も同じで、力がないものはよく怒る。力がないから飾り、上辺(うわべ)ばかりの勢いになる。

 例えば、会社経理にも粉飾というものがある。利益が出ていないのに、出たかのように見せ掛けることである。この例を見ても、最初の内はわずかな額でしかないが、粉飾に粉飾を重ねて静止が利かなくなって倒産する。こうした経営は、実質を伴わない外見だけの飾りによって外見を飾ることが力と考えているため、内面を充実させて実質を伴わない外見だけの飾りを外そうとは考えない。いわば身について直らない悪い癖になっているのである。

 反対に内面充実に努めてきた人は、ますます内面充実に努めることができるようになる。内面が充実してくると、外部からは分からないが、自分では十分に承知しているため、外見は粗末であっても劣等感を覚えることはない。

 その他にも色々な飾り付けがあるが、要らざる実質を伴わない外見だけの飾り・身について直らない悪い癖は、断ち切らない限り、ついには企業の生命をも失わせることになる。

方向・熱量(ベクトル)を合わせる

『孫子の兵法書』に「(げき)(みず)(はや)くし石を(ただよ)わすに(いた)(もの)は、(せい)なり」とある。

 これは、【激流が大石をも押し流してしまうのは水に勢いがあるからだ】という意味である。十の力を持つ者を十人集め、一人ひとりのベクトルを合わせることができなければ、会社全体の力は、百にもならないかもしれないが、全員の力が同じ方向に結集し勢いを付ければ二百にも三百にもすることができる。

 また同書に「()(ちよう)の疾くして()(せつ)に至る者は(せつ)なり」とある。これは【肉食で性質の荒々しい鳥が狙った獲物を一撃のもとに打ち砕くのは瞬発力があるからだ】という意味である。共に働く仲間の瞬発力を一斉に爆発させることができたら、想像を絶する力を発揮するに違いない。

 これらを実現すれば無限の可能性を発揮できる。このことを実現するのは大変困難であるが、確固とした信念とそれを通そうとする情熱を以って、企業理念・あらい学を共有し、共鳴して貰える仲間を集め、一人ひとりの志の方向が分散しないよう、気力・情熱(熱量)が不均等にならないように導き、志が強固になるようにしていかなければならない。

変化という敵を知るためのお金を惜しむべきではない

 事業を行うのに、(わず)かなお金などを惜しんで事前の調査を怠るということほど馬鹿げたことはない。それでは上に立つ資格はない。補佐役も務まらない。当然、勝つこともできない。あらゆる手段を用いて広く情報を入手し、現在を知り、将来を先見して速やかに対応しなければ必ず取り残される。変化という敵を知るためのお金を惜しむべきではない。

独創性を重んじる(革新力)

 とにかく人は功を急ぐ。急ぐあまりに小さい利益を(つか)もうとする。そのため将来の大きな利益が掴めなくなる。他にも、目先の小さい利益に目が(くら)んで、道に外れたことに手を出して後で悔いを残す。見える小さい利益を掴んで、見えない大きな利益を掴もうとしない。どれも大きな成功はできないものである。

 大きな成功をするには、魚釣りをするにも、小さい池や川では竿を()れないことである。離れた場所であっても時間をかけ、大きな海を目指すものである。

 また、己の心には義に(かな)ったものがない。法にすれすれであったり、物ごとが成功するかしないかということなどが多い。つまり、邪欲は大きいが、やる時は気が小さく臆病である、これでは成るものも成らなくなる。心しておかなければならない。

 金持ちの会社にしたいのなら、目先の短期的な利益を追うことではなく、長期的な視野で、将来の大きな利益を得ることをベースとして事業を進化させるために投資すること、努力することをしなければならない。

 そうして、新しい付加価値を生み出し、事業構造を進化させ、更なる相乗効果を図ることで「我々にしかできない強烈な個性を持つ商品・サービスを開発し、提供していく」。これこそが、卸の枠だけに(おさ)まらない、「圧倒的卸」と呼ばれる株式会社あらいの矜持(きょうじ)(自分の能力を優れたものとして誇る気持ち。自負。プライド。)である。

自己資本比率を高める

 日本の企業の実効法人税率は、一昔前までは世界の中でも高く、売上げから経費を差し引いた総利益の半分くらいを税金として納めなければならなかったが、国際競争に負けてしまう(日本から海外の税金の安い所に企業が移る)ため、2015年度から32・11%、2016・2017年度に29・97%、2018年度に29・74%と低下してきており、今後20%ぐらいまで落ちていくとされている。既にイギリスの実効税率は19%、イタリア24%、中国25%、アメリカも27・98%となっている。

 また日本で法人税を納める企業は3割ほどしかなく、税金を納めたくない企業は、意図的に実際には会社で使っていない経費を計上し、売り上げを計上しないよう調整する。そうすると会社にはお金が貯まらない。そして社会的に隠したお金になり、公に使えないお金になってしまい、個人でお金を使うことになる。

 それでは、会社を立派にすることはできない。会社を立派にしていくには、継続的に投資していく必要がある。そのためには利益を増やし税金を納め、資金を貯めていくか、銀行でお金を借りるしか方法はない。銀行でお金を借りた場合は、利息もかかり、借りたお金を返済していかなければならないため、リスクが増える。会社を、危険になるリスクを避けて立派に成長させていこうと考えるなら、税金を納め、自己資本比率を高め続けていくことがとても大切になる。

 あらいでは最大限に利益を上げ税金を納め、自己資本比率を高める経営をしていかなければならない。そうして、自己資本比率を高めることによって、社会にも貢献していくことができる。

メーカー・仕入先と協力

 建築のリフォーム・増改築の市場の大きさというものは、べら棒に大きい。その大きな市場の中のお客様の要望は、ほとんど無限大に近く、市場の要求を全て満たすことはできない。どんなマンモス企業であっても、初めから全く不可能である。無論、私達(あらい)が、建築のリフォーム・増改築の市場全てを対象に考えている訳でもないが、企業規模に比較して、(はなは)だしく大きい。結果的に、市場の要求を全く満たせないことに変わりはないものである。従って、メーカー、仕入先と協力して現場を納めていかなければならない。

集中と選択

 売り場面積が小さいほど、商品の間口を絞らなければならない。売り場面積が十分の一の小型店は、大型店の十分の一に品種を絞れば、一品種当たりは大型店と互角になる。もしも二十分の一に絞れば、一品種当たりは大型店の二倍の規模になって、特色を発揮できる。

 我々の大き過ぎる市場を対象とした場合、商品の層が全く薄くなってしまうものである。商品の層が薄いと、現場の困ったことに対応できないため、売り場については専門店化にしていくことを意識しなければならない。

お客様が好みの品を選択する余地をつくる

 例えば、工具を買いたいといっても、一品しかなければ選ぶことができない。お客様は、見て比べてから選ぶ、という買い方をするからである。お客様がどんな買い方をするのかを知らずに商売ができるはずがない。

エントリー