あらい採用サイト

あらい哲学 environment

 あらいの経営の原点は、私自身と仲間が本当に価値のある人生にしていく(幸せなる)為に、なんとしてでも会社を良くし、自分も成長したいと志した事である。そうして私が仕事に没頭する中で、逆境や困難に立ち向かって乗り越えた数々の成功と失敗、人生について葛藤を重ねた経験から、本当に価値のある人生を歩む為の「あらい哲学」が生まれた。仕事、人生を通して自分を磨いて向上させていく為の人生道場の様な場所が株式会社あらいである。その様に考える事で、本当に価値のある人生を送って行く事が出来ると確信している。

哲学とは

 ギリシア語のphilosophiaから西周によって訳された言葉である。ただし会社において哲学という場合は経営哲学を指す場合が多い。経営哲学は企業が経営をおこなっていく中で、こういう活動を行っていきたい、この様にして社会に貢献していきたいという事を示すものである。これは企業を一本の木だと考えると、根っこになる部分にあたる。根っこが違う人が会社に入っても、文字通り根本が異なる為上手くいかない。どんな手段を使っても金を稼ごう、儲けようという会社に、社会貢献したいと考える学生が来ても会社になじめないものである。

また、経営哲学を「便宜上書いているだけだろう」という風に、甘く考えている人が多いかもしれない。しかし実際には、社長が経営哲学に込める思いは強い。というのも、起業をする時に、核になる部分が経営哲学だからである。また、その考えのもと事業を行っている為、根っこの部分が異なれば、業務の様々な領域において、衝突が生じる事になる。改めて言うが、どの様な会社に入るにしても哲学への深い理解は重要になる。

あらい哲学とは

・経営理念である「人と企業が持続成長」を追求する為に必要なもの

・人生を迷わせる事なく、悪いものから守る羅針盤(道しるべ)となるもの

・仲間の心を一つにまとめる為のもの

・一人ひとりが自分の意志で考え、行動する為のもの

・失敗と経験ではなく、成功と経験を手に入れる為のものとなる。

 私達は、仲間一人ひとりが素晴らしい人生を歩んでいく為には、あらいがいつまでも良い会社であり続ける必要があると考えている。その為に、経営理念である「人と企業の持続成長」を追求していく中で、あらい哲学を共有、共鳴し、自身の日々の仕事・人生の問題をあらい哲学と照らし合わせて真剣に考え続け、志を掲げ、周りをより良くして自分の人生を切り開いて行く様な主体性を以って仕事をする事が土台であり始まりになる。そうして志を強固にしていく。その様にして私と仲間が心を一つにする事で無限の可能性を秘めた風土・文化にしていかなければならない。

それ故に私はこの哲学を仲間と共有、共鳴する事を訴え、磨き続けなければならない。

哲学を忠実に貫く

 『論語』に「君子(くんし)(もと)(つと)む。(もと)立ちて道生(みちしょう)ず」とある。

これは【何事につけ、学識・人格共に優れた、立派な人は根本に忠実である。根本をしっかり身に付けておれば道は自ら開ける。】という意味になる。

また『列子(れつし)』に「多岐(たき)亡羊(ぼうよう)」の故事がある。

これは【楊子(ようし)の隣家で羊が一匹逃げた。そこで人間を大勢かり出すのか、と聞くと、わかれ道があるから、と言っている。やがて、一同が羊を見失って疲れて帰ってきたので話を聞くと、わかれ道の他に、更にわかれ道があったからだと説明した。そこで楊子は、学問の道もこれと同じく、帰一する(別々の事柄が、同一のものに帰りつく)原点を疎か(おろそか)にする様では、得るものがなく学んでも徒労に終わる。と悟った】という意味になる。

この二つの故事の言わんとすることは、要するに欠く事が出来ない点が根本・原点という事になる。

企業経営にしても根本をはっきり自覚し、それに則って根本から出発したレールの上を走るのと、根本をあやふやにして、根本から外れて遠回りしたり、迷って逆戻りするのとでは大きな格差になってくる。当然着くべき所より千里も離れた所に着いてしまう程の失敗も、その元をただしてみると毛の先ほど小さな所から始まっている。

株式会社あらいでは、あらい哲学の基本を忠実に貫く事が、人と企業の持続成長の近道になる。